カフェトリエのひとこと

CAFETELIER MESSAGE

諸行無常の解釈

変わらないものはない。具体的にはどういうことなのか。
例えば、人や、組織などの、成長したり変わっていく物事の、
本質的・恒常的な状態について、どうこういうことはできない。
その時の瞬間的状態について、状況を整理・評価することはメリットはあるけれど。

- カフェトリエ編集部

 

笑う、とは。

笑っているときは、ほかのことは考えられないでしょう?
幸せは条件を伴うけれど、笑顔に条件はないんだ。

- カフェトリエ編集部

時間を優先して生きる

時間を優先して生きる上で。

「良い時間」のひとつに「楽しみな物事が未来にある時間」があります。

毎週のテレビドラマや、来月公開の映画、週末友人と会う予定など。それを増やす。本もそう。買った時点で楽しみが増えて良い時間がはじまるんです。

はいこうして積ん読を正当化させていただきました。ごきげんよう。

-カフェトリエ編集部

【今年の目標】

行きたい素敵な本屋さんやカフェに行っても、小さなお店ほど前をウロウロしてなかなか入れず(自意識過剰)、入っても生業を名乗れず(自意識超過)伏し目がちな目が泳ぎ、内心素敵さに興奮して目がバタフライはじめる様子のおかしい客(自意識自由形)として帰るのを、

なるべくへらす。

-カフェトリエ編集部

大人の児童館

カフェトリエの表面下のコンセプトにしている「大人の児童館」は私が二十歳から作りたかった場所で一見少年隊やミスチルと似た矛と盾が同居しているがこれ以上の言葉に15年出会えていないので引き続き据え置こうと改めて思いながらこれを書いている今日はとてもさむい木曜日です。

 -カフェトリエ編集部

定休日についておもうこと

定休日とドーナツからは平和があふれている。

-カフェトリエ編集部

事業としての目標

編集部でも、目標は設定します。

目標は、お金(売上・粗利・営利)ではありません。

私と、人たちの、「良き時間」の「長さ」×「深さ」です。お金は、2番目。

それを定量化は、しません。しなくても、感じてわかるのものなので。

数字にしないとわからないなんてどうかしてる。

-カフェトリエ編集部

カフェトリエの発音

カフェトリエは、
カフェ "トリエ"
でも、
café TELIER
でも、
カフェ、鳥へ。(ロゴに鳥いるけど)
でも、
ございません。
"カフェトリエ"
と、
一気に清々しくお読みください。
イントネーションは、
「ひやおろし」
「神隠し」
「おのののか」
「アルシンド」
あたりのそれと同じ調子です。
*
何卒、よろしくお願い申し上げます。

- カフェトリエ編集部

1 / 41234
上部へもどる